おだやかに暮らせるコンパクトなまち。八幡浜市 移住・定住支援ポータルサイト

白浜(しらはま)地区

港を臨むみかん山の麓に生活に便利な施設が凝縮

白浜地区は、市役所本庁、病院、保育所、小学校、スポーツ施設、公園、ショッピングセンター、商店街、温泉などを備える現在の八幡浜市の中心地です。施設の大半が徒歩圏内で、運転ができない子どもやお年寄りまで、幅広い世代が安心して暮らせる環境が整っています。加えて、高級ブランド「日の丸みかん」の産地と、八幡浜の漁業を支えるトロール船の基地としての顔を併せ持ち、まちと山と海が豊かに融合する「コンパクトシティ八幡浜」を象徴する地区となっています。

地区情報

人口:4,362人 世帯:2,189世帯(2017.4.1時点)

  • 保育所あり
  • 小学校あり
  • 中学校なし
  • 診療所あり
  • 役所支所あり
  • 郵便局あり
  • JAあり
  • ガソリンスタンドあり
  • スーパーあり