おだやかに暮らせるコンパクトなまち。八幡浜市 移住・定住支援ポータルサイト

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 定住支援員の「やわたはま・あれこれ」~川之内地区編②
2018.10.09
ブログ

定住支援員の「やわたはま・あれこれ」~川之内地区編②

こんにちは!定住支援員のOです!
今日は、川之内地区のご紹介Vol.2♪

 

川之内地区は国道を中心として広がる地域ですが、お店がほぼないので、日常的にお車は必須アイテムです。

国道197号を外れて、集落の方に入ると、まず思ったのが、
「川之内、車ですいすい行きやすいぞ・・・」
もちろん、それぞれのお家の軒先まで行こうと思うと、狭い部分はあります。

が、集落内を抜ける道は、概ね広いです。

 

そして、完全に私の主観ですが、
家構えや屋根が、立派なお家が多い気がしますよ。。。

 

こんな風景の中、広々した一軒家での生活。
とっても贅沢で素敵ですね♪

 

地区内を周っていて、川之内初心者に何よりうれしかったのが、これ!!

地区内の要所要所の分岐点に設置されています。

迷子常習犯のワタクシには、これほど心強いものはありません!!٩(๑❛ʚ❛๑)۶

 

この看板があれば怖いものなし!ということで、
この日は川之内地区の中でも端の方、西予市に隣接する古薮(ふるやぶ)集落まで
足を延ばしてみました。

国道197号から入って、私の腹時計で約10分。

 

何気ない風景も、とても美しい。。。

白王神社。

すぐそばに、見上げきれないほどの巨石が。

ドドドドド~~ン▂▅▇█▓▒░(‘ω’)░▒▓█▇▅▂

石というより、岩盤といったほうが良いような大きさ!

 

ちびっこ広場。子供がいなくなったからでしょうか、広場には草が生えていますが、遊具は比較的新しく見えます。

お宮?と同じ敷地にあるのが、珍しいですね。

 

古薮集会所の前から見た景色はこれ。

かなり山の中なんですが、付近に開けた土地があるせいか、

開放的に感じます。

 

ただ、近辺にはお店などはありません。

川之内地区にお住いの方で(勿論、市内の同じような周辺地域も含みます)

ご自分で運転して買い物に行けない場合、

生協やスーパーの移動販売を利用されています。

 

 

「南予」というと温かいイメージですが、冬は、関門海峡を通り抜けてきた冷気が

八幡浜によく雪を降らせます。

ここ川之内地区では、国道周辺の平地も含め、比較的よく積もるそうです。

 

お車を運転できる方も、スタッドレスは必須。

この古薮集落くらい標高が上がると、四駆やチェーンもあったほうが安心かもしれません。

 

地区内でしばし時間を過ごして感じたのは、

その圧倒的な静けさ。

 

吹く風が頬を撫で、指のすき間を通り抜けていきます。

足元の草は軽やかに揺れてバッタを驚かせ、

向こうの山で鳴く鳥の声は風に運ばれ、

鼓膜を柔らかく揺らします。

 

川之内地区では、自然のやさしさも厳しさも実感しながら生活できそうですね。

 

それでは、今日はこの辺で!

 

 

❁定住支援員・O❁

八幡浜市で初めての地域おこし協力隊として、中山間地域・日土東地区を担当。
3年の任期満了後、平成30年4月から定住支援員として活動中。
市内でも各地域で異なる風習や文化に日々驚きつつ、
移住検討者の方に向けた「八幡浜の日常のあれこれ」をお伝えすべく、あっちこっちに出没。
最近の悩みは、八幡浜の地図が頭の中で暴れ出して位置がなかなか掴めない事(^_^;)