おだやかに暮らせるコンパクトなまち。八幡浜市 移住・定住支援ポータルサイト

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 定住支援員の「やわたはま・あれこれ」~大島地区編④
2018.06.11
ブログ

定住支援員の「やわたはま・あれこれ」~大島地区編④

大島地区のご紹介vol.4☆

4回に分けてお伝えしている大島のご紹介。ひとまず、大島のご紹介は一旦ここで終了です!

 

信号機もない、のんびりした時間が流れている大島ですが、

実はこの夏、大きな変化が訪れます。

 

どどん(((((((⊙ө⊙))))))

 

定期船を降りてすぐ、日々島の人が行き交う場所に、

交流拠点施設がオープンします。

 

コンペで選ばれた東京のデザイン会社による設計。

島に伝わる龍王伝説をモチーフに、龍をイメージした建物となっています。

 

フム( ˙꒳​˙ )右の櫓部分が首でしょうか?

建物の要所要所を埋めるのは、ウロコ文様をパターン化した正三角形の木組み。

 

お伺いしたこの日も、工事が着々と進んでいました。

 

 

島民の方は勿論、島外から来たお客さんも集える空間です。

これまで島には、釣り客や観光客に来てもらっても

飲食する場所は勿論、ゆっくり座れる場所さえありませんでした。

 

3年前から地域おこし協力隊が配属され、

少しずつ島の交流人口が増え始めた今、

この交流拠点施設は、大島にまた新たな風を起こしていく事でしょう(*´꒳`*)

 

オープンは平成30年8月を予定。

きっとその後にはまた、違う大島の顔が見れるはず!

そこに住まう皆さんの生活にも、何らかの変化が生まれるものになるかもしれません。

また、継続的にご訪問してみたいと思います♪( ◞•̀д•́)◞

 

大島の情報は、こちらが充実!⇒https://yawatahamaoshima.com/

 

追伸

これは何という生き物でしょ~~うか!形をよく見れば、なんとなくわかってきますよ~~!(答えは、一番下です)

 

❁定住支援員・O❁

八幡浜市で初めての地域おこし協力隊として、中山間地域・日土東地区を担当。

3年の任期満了後、定住支援員として活動中。

市内でも各地域で異なる風習や文化に日々驚きつつ、

移住検討者の方に向けた「八幡浜の日常のあれこれ」をお伝えすべく、

あっちこっちに出没。

最近の悩みは、八幡浜の地図が頭の中で暴れ出して位置がなかなか掴めない事(^_^;)

 

答え:セミエビ。確かに、セミに似ていますね(^ ^)♪個人的には、バルタン星人にも似ていると思います。